◇大津の家(新築)

化学物質過敏症ぎみの主婦に配慮した家づくり
体が冷えると病状が悪化する事を考慮し寝室を中心にコンパクトにまとめた。家族内で温度に対する快適性が大きく異なる為、床暖房を水を蓄熱体とするアクアレイヤを採用し、体温より低い温度設定である為、無垢の板を床板として使用でき、低い温度環境を求める他家族とのトラブルなく、ほんのりと暖かい空間となっている。


所在地:滋賀県大津市
構造規模:木造2階
延床面積:117.98u
施工:土井工務店
外壁のアクセントとなるように、玄関周りに桧の板張り、戸袋を木製、軒裏母屋・垂木表わしとした。
斜天井の広がりのある空間にオープンなキッチンを配置
木製キッチン(国産ブナ・ヒバ)の周りに杉板で棚を造り付。流し台をU型配置として、動線を短く、コンパクトにまとめた。
高野槙の浴槽、洗い場スノコ敷き、壁タイル
木の香りに包まれての入浴
掃除のしやすさからレンジ廻りの壁面をレンガタイル貼りとした
家族に男性が多いので掃除のし易さから床・壁ともタイル貼りとした。階段下の空間を利用してのコンパクトなトイレではあるが、階段裏の木と無垢のカウンター、窓の木枠と無垢材の建具等木とタイルのナチュラルな色で優しい空間となっている。施主が購入した陶器の洗面ボールがアクセントとなっている。